札幌の結婚式ならではの習慣と費用

私が考える札幌の結婚式の費用

北海道・札幌市の結婚式の習慣は全国と比較しても独特なもの、合理的でわかりやすい費用の感覚は会費制がベースになっている

新着記事

札幌の結婚式ならではの習慣と費用

札幌の結婚式は独自の習慣があり、道外の人には理解しにくいことが少なくありません。

基本的に結婚式、結婚披露宴というのは、結婚祝賀会といわれ、新郎新婦側がゲストを招待するのではなく、会費を集める方式が取られます。

案内状に会費についての詳細が記載されていますが、一般的に1万円前後の会費を集めることが多くなります。

この結婚式の会費は結婚祝賀会の費用をカバーする目的で集められるのではなく、結婚祝賀会で出される食事の費用をおよそ負担するくらいの金額に設定されていることが多いです。

会費を受け付けで集金するため、ご祝儀を別途支払うことはほぼありません。

会費はご祝儀のように封筒などに入れる必要もなく、その場で現金を手渡しします。

受付を担当している人は金額を確認しておつりなども渡してくれます。

非常に合理的なシステムになっています。

結婚式に呼ばれたゲストとの人間関係で、上司や近しい親族の間柄であれば、ご祝儀を別途包むこともあります。

それでも新郎新婦やその家族にとっては、結婚式の費用に多額の予算を割くことはありません。

札幌の結婚式の特長は費用の負担が少なく済むことと言えるでしょう。

結婚式では職場の同僚や学生時代の友人などが発起人という立場で披露宴や二次会の準備をします。

案内状の差出人も発起人が行うケースがあります。

札幌の結婚式といっても新郎新婦ご両家によって大規模な結婚祝賀パーテォを行うカップルもあれば、小規模のこじんまりとしたいまどきの結婚式を行うこともあります。

また、リゾート婚のように、道外から結婚式を行う目的で札幌の結婚式場を利用するカップルもいて、さまざまです。